子育て家庭 保険料節約

保険料の終身払いは保険料総額が高くなります

家計簿

茶インフォ大 保険料の支払い方法は大きく分けて3タイプ存在します。

終身払いといって、一定の金額を死亡または解約するまで払い続ける方法は、月々の支払額を抑えられるのですが、仕事を辞め年金暮らしなどになっても同じ金額を払い続ける必要があります。

 

有期払いは、60歳や65歳までといった年齢を決めて、それまでに保険料を支払ってしまう方法です。
月々の支払はい高額で負担は大きいものの、収入が減ってしまうであろう高齢になってから保険料を支払わなくても保障されるので、収入が減ってからの事を考えると心強い存在になってくれるでしょう。
将来半額払いという、終身払いと有期払いの中間のような存在もあります。
60歳や65歳などあらかじめ設定しておいた年齢になると、月々の保険料が半額になる支払い方法で、終身払いよりも月々の支払いは多いのですが、有期払いよりも少なくて済みます。
トータルに見ると、払い込みを終えた直後は有期払いの総支払額は大きいのですが、そこから10年20年を計算していくと、保険料によっては終身払いの支払額が大きく上回ってしまいます。
若いうちに頑張って支払っておいて安心だけを残す方が、気持ち的には楽かもしれませんね。

定期型(掛け捨て)生命保険は更新毎に保険料が上がります

茶インフォ大 生命保険には様々な種類があり、定期型といった掛け捨てタイプの生命保険は保障される期間があらかじめ決められているため、月々の保険料は少なくて保障される金額を大きくすることが可能ですが、多くは10年ごとの更新時とに保険料が上がってしまうデメリットが存在します。
10年定期型などであれば、30代男性でも月々3000円で死亡保障1000万円という程度の保険もあります。

 

保障しなければならない期間が長ければ長いほど、保険会社はリスクを背負わなければならなくなるため、こうして保障期間を短くすることでリスクを減らし、年齢が上がって死亡率が高くなった人に対しては保険料を上げるという定期型を売り出しているのです。
定期型は収入の少ない若い人でも、子供やパートナーのために入っておきやすい額の設定となっていて、更新も必ず必要と言うわけではないので、必要な期間だけ加入しておくという選択肢にも使えます。

 

定期型の真逆とも言うべき保障の方法が終身保障ですが、終身保障は、終身死亡保険も、終身ガン保険、終身医療保険も、途中解約をすれば解約返戻金が望めます。
死亡保険の終身保険などは、保険料払込期間終了までかっちり保険料を払い込めば、支払保険金総額よりも多い解約返戻金の戻りがあるのはザラです。
ですが、保険料は定期保険と比較して鬼のように割高です。

 

これから子育てのお金が必要な世帯は、まず終身保障の保険は考えないことが保険料節約の基本になると思います。

余裕があれば、保険料は年払いや一時払いがお得

生命保険や医療保険は月々支払っていくのが一般的な考え方です。
月々の収入に合わせて無理のない保険料を支払っていくといった方法がメジャーではありますが、保険料の支払い方法には年払いや一時払いといった方法もあります。
年払いはその名の通り、毎月支払うのではなく年に一回一度に保険料を支払います。
月々の支払よりも保険料が安くなりますし、月々の支払同様に年末調整の保険料控除を受けることができます。

 

一時払いは、保険料を全払込期間分すべて一度に支払う方法です。トータルで見るとこの支払方法が一番保険料が安くなります。
年払いよりもかなり安くなるため、まとまったお金があるのであれば、利用しても良いでしょう。ただし、年末調整の保険料控除はその支払いを行った年、1度しか効かないのでデメリットも存在します。
今では少なくなってきていますが、全期前納払いという方法を扱っている保険会社もあります。これは保険会社に全払込期間分の保険料を預けて、自動的に保険料に充てる方法です。
死亡した際の保証をするときには、死亡保障に加えて預けて保険料として使っていないお金も返ってきますし、毎年保険料の控除の対象になります。
一時払いよりも支払いは大きくなりますが、無駄がないとも言えます。

子育て家庭は忙しい!専門家に任せて楽々生命保険選び

チェック! 家族の保険は大丈夫ですか !?厳選っ!保険の無料相談

保険マンモス

保険見直し本舗

保険マンモス1

保険マンモス2

金融の専門家、国家・公的資格のファイナンシャルプランナー資格所有、経歴五年以上の厳選された専門家が家庭や会社を訪問してくれます。提案がイマイチなら気軽に断れて保険相談は何度でも無料!

保険マンモス1

生命保険の無料相談店舗が全国二百店舗を突破!詳しい資料でわかりやすい相談が魅力的。キッズルームや駐車場がある店舗を選べるから相談しやすい。保険相談無料!