子育て家庭 主婦 保険

主婦がいなくなったら家政婦費用のための保障が必要

母娘

茶インフォ大 家族の中で主だった収入を得ている人に万が一の事があれば、一大事です。収入が無くなってしまえば、食べていくことも難しいということで保険に加入しているケースは多いでしょう。

しかし主だった収入源である人だけの保障があれば良いのでしょうか。
たとえば専業主婦または主夫が怪我や病気で入院、または絶対安静となった場合
★家族の誰かが家事を代わりにやらなければならない
★子供を預ける
★家政婦を雇う
といったケースも出てくるでしょう。
そうなると、ただ医療部分が保障されるだけの保険では足りないという事になってしまいかねません。
家政婦を一日2時間でも雇う事になると、相場では8千円程度かかってきます。1週間でも家政婦を頼めば5万6千円という高額な出費になってしまうのです。
出来る範囲で家事は行えばよいのですが、不規則な時間での勤務の仕事であったり、子供の人数や他の家族や親族の協力を得られない環境であれば、そういった事も考えて、保険の保障内容を充実させても良いでしょう。
あくまで保険は万が一の時のための備えですが、そういった保障も考える必要がある場合もあるでしょう。

女性保険は女性特有の病気に手厚い

茶インフォ大 最近、女性をターゲットにした保険商品が沢山販売されています。
入院通院、手術などの保障さえあれば大丈夫と思っていても、実際に女性特有の病気に対応していなかったり、保障の範囲が狭いことで補えないというケースも少なくありません。

 

女性特有の病気は、数が多く悪性ではなくても手術が必要であったりする場合もあるので、手術の保障では適用されない事もあるのです。
さらに、女性特有の病気となれば通常の医療保障にプラスされるので、家庭への負担も軽減されるでしょう。
女性だからこそ罹ってしまう可能性のある病気もあるので、そういった時のために女性保険を検討してみても良いかもしれませんね。

 

女性保険の中には、生存給付金の付いた商品もあるので、万が一の時のためのお守りと共に、数年後に嬉しいボーナスをもらうという手もアリかもしれませんね。
そのボーナスは自分自身へのご褒美として使えるようにしても良いのではないでしょうか。
保険料はさほど高くなく、女性特有の病気に手厚いので女性に対してはお得な保険商品が多い傾向にあります。
通常の医療保険も良いのですが、女性だからこその保険商品を選んでみると言うも良いかもしれませんね。

女性の保険にボーナス付きが多いけどそんなの不要でしょ

女性特有の病気に強い、女性保険。その中には3年毎、5年毎などに生存給付金といった形で、生きてさえいればボーナスがもらえるものがあります。
保険を使っても使わなくても、もらえるボーナスは特に専業主婦には嬉しいお小遣いのように感じます。
ただ、これは支払っている保険料から少しずつ積み立てられているので、実際のところ不要だとする人も少なくありません。

 

たとえば月々3500円の保険料で5年後に3万円の生存給付金がもらえるタイプのモノの場合、実質の保険料は月々3000円、500円は積立に充てられている計算です。
それなら3000円程度の保険に加入していたほうが、月々の出費を抑えられますし、ボーナスのように感じても実際には自分の積み立てたお金が戻ってくるだけなのですから、不要と言っても間違いはないでしょう。

 

ただ、月々500円の積み立てをする人は少ないですが月々の負担は少ないものです。忘れていた3万円がぽろっと手に入ればやっぱり嬉しくもなるでしょう。
たまに、自分だけに使えるお金が合っても罰は当たらないはずですので、そういった意味で主婦へのご褒美としてつけておいても良いのかもしれません。

子育て家庭は忙しい!専門家に任せて楽々生命保険選び

チェック! 家族の保険は大丈夫ですか !?厳選っ!保険の無料相談

保険マンモス

保険見直し本舗

保険マンモス1

保険マンモス2

金融の専門家、国家・公的資格のファイナンシャルプランナー資格所有、経歴五年以上の厳選された専門家が家庭や会社を訪問してくれます。提案がイマイチなら気軽に断れて保険相談は何度でも無料!

保険マンモス1

生命保険の無料相談店舗が全国二百店舗を突破!詳しい資料でわかりやすい相談が魅力的。キッズルームや駐車場がある店舗を選べるから相談しやすい。保険相談無料!