子育て家庭 医療保険

高額療養費制度があるから高すぎる医療保険はいらない

医療費ぃ

茶インフォ大 医療費は非常に高いので、いざという時に備えて医療保険に入っておく必要があります。

急な手術でお金がたくさん必要になることはあるので医療保険は必須なのですが、毎月の医療費が高くて大変と言う人も少なくないでしょう。
高すぎる医療費を払い続けている人は、一度、頭を整理する必要があります。
正直言うと、「いつでも自由に使える、ある程度の貯金(三百万円くらい)」があれば、健康保険組合の高額療養費制度があるから、高すぎる医療保険はいらないのです。
世の中には便利な公的制度があり、それが高額療養費制度なのです。

 

高額な医療費の一部を負担してもらえる制度が高額療養費制度で、医療機関や窓口でひと月に支払った医療費が決められた一定額を超えた場合、超えた分を支給してもらうことができます。
この制度は、公的医療保険に加入しているなら誰でも利用できるものなので、高すぎる医療保険を払っている人は、よく考える必要があります。
高額療養費制度で受け取るお金は給付なので、返済義務はありません。
また、医療を受けるのが70歳以上の場合、特に手続きは必要なく、医療費が決められた一定額を超えて高額になった場合、窓口で支払う金額には自動的にこの制度が反映されるようになっています。

医療保険は日額が安くてもいいから先進医療特約を付けよう

最近では、先進医療の重要さが指摘されています。
厚生労働大臣が定める先進医療のことで、先進医療の治療は主にがん治療などで多く行われます。

 

長寿化した日本においては、二人に一人はがんに掛かると言われていますが、がん治療については常に新しい最新の治療技術が開発されています。
先進医療は患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われるのですが、費用が一般医療と比べるとかなり高価になります。
技術料が非常に高く、健康保険適用外なので、治療費用は全額自己負担になります。
そうしたことから、近年、先進医療対応の医療保険が登場しています。先進医療特約を付けることで、先進医療を受けた際、給付金を受取ることができるというものです。

 

先進医療特約付の医療保険は、数百万円〜二千万円までと保障内容や保障限度額に差はあるものの、安心して先進医療の治療が受けられるメリットがあります。
医療保険に加入するなら、先進医療特約のついた保険を選ぶのは必須と言えます。医療保険は日額が安くてもいいから、先進医療特約を是非付けておきましょう。
上記の「いつでも自由に使える、ある程度の貯金(三百万円くらい)」というのは、先進医療のお金がいつでも用意できるなら、医療保険はいらないという意味になります。

 

安くてもいいから、というのが意味を成さないのが自営業の場合です。
自営業は事実上日銭稼ぎな場合も多いので、医療保険の給付金を休業補償代わりにするため、高い日額給付を設定する人もいます。

先進医療の一例

重粒子線治療という、先進医療があります。
皮膚も筋肉も切らず、つまりメスを全く使わず正常細胞を傷めることも無く、がん細胞だけを消滅できる医療技術で、体を切らないので傷を回復させる時間が不要で入院期間が極端に短く、社会復帰も通常の手術よりも極端に早いという、凄すぎる医療技術でもあるのです。
ですが、重粒子線治療を施術するには巨大な加速器が必要なので、日本に数カ所しかその設備が無く、もうおわかりかもしれませんが、技術料が三百万円と超高額なのです。
どう考えても、三百万円もする治療に健康保険を適用できるようにしたら、健康保険制度の破綻の元になりますよね。
なので厚生労働省のお墨付きの効果的な治療にもかかわらず健康保険不適用なのです。

医療保険の一入院保障は120日で足りるのか

医療保険の一入院保障は果たして120日で足りるのでしょうか。医療保険を検討する場合、悩むのが入院給付は何日にすればよいかという点です。つまり、支払限度日数が何日あれば、実際の入院日数をカバーできるのかということです。ほとんどの傷病が50日以内。

 

というデータから考えると60日型で十分と言えますが、入院が長引いて60日を超えてしまうことを考慮すると120日型の方が安心です。
そう考えていくと、重症な病気に万が一かかった場合、120日で足りるのかという不安も出てきます。
さらに、骨折の場合大腿骨骨折や骨盤の骨折が治るまでの日数とリハビリの日数がまとめて一入院に数えられる場合があり、方問えば治療入院とリハビリ入院の日数160日分が入院給付金の受け取り対象になり得ます。

 

確かに、予期せぬ事態に踏まえてもっと長い日数のものを検討する必要もありますが、保険料のことを考えると、加入自体、無意味なものになります。
例えば、730日などは現実的には不要と言えます。保険支払限度日数が長い分、月々の保険料は高くなるので、医療保険の一入院保障は、120日から180日で充分でしょう。将来どういう病気になって何日入院するかは誰にも分かりませんが、保険の支払限度日数を検討する場合、予想不可能な事態に備えて、家計からどれだけ保険料として支払うことができるのかが重要になってきます。

子育て家庭は忙しい!専門家に任せて楽々生命保険選び

チェック! 家族の保険は大丈夫ですか !?厳選っ!保険の無料相談

保険マンモス

保険見直し本舗

保険マンモス1

保険マンモス2

金融の専門家、国家・公的資格のファイナンシャルプランナー資格所有、経歴五年以上の厳選された専門家が家庭や会社を訪問してくれます。提案がイマイチなら気軽に断れて保険相談は何度でも無料!

保険マンモス1

生命保険の無料相談店舗が全国二百店舗を突破!詳しい資料でわかりやすい相談が魅力的。キッズルームや駐車場がある店舗を選べるから相談しやすい。保険相談無料!