子育て家庭 収入保障保険

収入保障保険は定期保険と真逆な保険金支払いをします

母子家庭

茶インフォ大 収入保障保険は定期保険の種類の一つになりますが、定期保険とは真逆な保険金支払いをします。

 

収入保障保険も、保険者が死亡または高度障害状態になると保険金が受け取れるのは、定期保険と同じなのです。
収入保障保険は定期保険のように一括受け取りではなく、毎月の給料のような形式で分割して受け取るので、定期保険とは真逆な保険金支払いの形になります。

 

定期保険の場合、例えば、3000万円の保険金の定期保険に加入すると、一回で3000万円の受け取りというように、巨額の固定額が支払われることになります。
これに対して収入保障保険は通常の定期保険とは異なり、60歳まで毎月定額で20万円というような形で契約すると、全くその通りに保険金が支払われ、年金のような形で遺族に保険金が支払われるタイプになっています。
まさに、定期保険とは真逆な保険金支払いになります。
子供の年齢が低いほど子供が社会人になるまでの時間が長いため必要な生活費が巨額になります。
例えば子供が一歳と三歳の時夫が他界すると、子供二人が社会人になるまでの必要生活費が五千万円ほどだとします。
ですが、定期保険は3000万円だけの加入だったので、子供は高校進学を諦めることになるかもしれません。

 

そういう意味では、収入保障保険というのは非常に合理的な保険ということが言えます。
保険金の受け取り期間が長いほど保険金総額が大きくなるので、定期保険の欠点を穴埋めできるのです。

 

収入保障保険の場合、毎月支払われるので安定的に収入を確保することができ、定期保険の保険金のようにうっかり使いすぎるというのも防ぐことができます。

収入保障保険は早期の死亡・高度障害の時に役立つ

茶インフォ大 収入保障保険は、保険開始から間もないころに亡くなると、保険期間満了まで時間があるので、より多くの保険金を受け取ることができるようなっています。
そのため、早期に死亡したり、早期に高度障害になった時に役立ちます。
初期に高額な死亡保障が欲しい人におすすめで、保険料も安いです。

 

子供が小さい家庭ほど、子供が自立するまでの生活費総額が巨額になることが想像しにくいと思います。
例えば
子供が幼稚園の場合、子供が自立するまでの生活費総額
子供が中学生の場合、子供が自立するまでの生活費総額
子供が大学生の場合、子供が自立するまでの生活費総額
子供が大きくなるほど子供が自立するまでに必要な生活費が下がっていくので、必要な保険金額も年々下がります。
生活費に必要な保険金は、年数が経つほどゼロに近づく右下がりの斜め線を描きます。

 

定期保険の場合、契約終了までずっと同じ保険金額なので
子供が幼稚園のときの生活費総額には足りないことが多く、子供が大学生にもなるとの生活費総額には多すぎるのです。
これを、「親が○○歳になるまで保険金を払います」という契約にすることで自動的に、初期は超高額の保険金累計額、で契約年数が過ぎるにつれ、障金額を下げていけるのです。

 

収入保障保険は、このように非常に合理的、安定的に家族の生活をサポートしてくれる保険なので、とても安心感があります。
特に子供のある家庭においては、その成長に合わせながら、家族のライフプランに合わせて保険期間と保険料の払込期間を選択すれば、いざというときに便利に備えられます。
万が一のことが発生しても、確実に家族の生活を支えられます。保険開始時期から間もないころに、不幸にして死亡、高度障害になった場合でも、収入保障保険なら、払い込む期間が少ないにもかかわらず、期間満了までの残された時間が長いので、給付金額は多くなり、手厚い保障が受けられます。

収入保障保険は定期保険より保険料が安い

収入保障保険は、定期保険より保険料が安いのでお得です。
大きな死亡保障を安い保険料で調達できるメリットがあり、保険料は決められた年まで毎月支払われます。
保険金は
比較的少額の一定額を毎月支払う、保険金の分割払い方式になります。

 

例えば30歳のご主人が60歳の年齢に相当する年まで毎月15万円受け取るとして、例えば保険開始から二年で亡くなった場合は、おおまかに15万円×12か月×28年分の保険金受け取りになるので、28年間で5040万円の受け取りと、より多くの保険金を受け取ることができるようになっています。
コレでも五千万円の保険金の定期保険よりも、保険料は格段に安く済みます。

 

但し、保険期間満了間近に亡くなった場合は、受け取る保険金の総額は少なくなります。
例えば5万円×12か月×2年分の保険金は360万円です。
収入保障保険は時間の経過と共に保障が徐々に減っていく保険ですが、一般的な定期保険より保険料が安いので高額な死亡保障が欲しい人にとってはピッタリです。

 

また、定期保険のように一回で何千万円もの保険金が入金するのではなく、毎月数万円から三十万円弱が振り込まれる保険金受け取り形態ということもあり、保険金をまとめて受け取らない利点として受け取った保険金を短期間で使いきってってしまうことがありません。

 

外資系や損保会社グループ生命保険会社の収入保障保険は、健康体割引などの保険料に対する特別な保険料の割引があり、煙草を吸っていない人や太っていない人、血圧が正常な人など、健康に対する意識の高い人などは、保険料がさらに安くなる可能性があります。

 

保険金額が保険期間中に変わらない保険は、更新を重ねると保険期間後半の保険料はどうしても高くなりますが、収入保障保険については保険料が保険期間終了まで一定ということもあり、保険料も安くなります。
掛け捨ての保険なので支払った保険料はほとんど戻ってきませんが、収入保障保険は保険金の分割払いを採用することで定期保険より保険料が安いので、定期保険と組み合わせる使い方もおすすめです。

子育て家庭は忙しい!専門家に任せて楽々生命保険選び

チェック! 家族の保険は大丈夫ですか !?厳選っ!保険の無料相談

保険マンモス

保険見直し本舗

保険マンモス1

保険マンモス2

金融の専門家、国家・公的資格のファイナンシャルプランナー資格所有、経歴五年以上の厳選された専門家が家庭や会社を訪問してくれます。提案がイマイチなら気軽に断れて保険相談は何度でも無料!

保険マンモス1

生命保険の無料相談店舗が全国二百店舗を突破!詳しい資料でわかりやすい相談が魅力的。キッズルームや駐車場がある店舗を選べるから相談しやすい。保険相談無料!